空室状況・ご予約

AMADA与論島

与論島のおすすめ絶景ビーチ10選

与論島のおすすめ絶景ビーチ10選

与論島のおすすめ絶景ビーチ10選


透明度の高い海と白い砂浜が点在する与論島。島内には数多くのビーチが点在していることから、与論島観光の際にはさまざまなビーチを巡ってみるのが王道の楽しみ方ともいえるでしょう。

そこで今回の記事では、特におすすめの絶景ビーチを10か所紹介します。

与論島ってどんなところ?


与論島は鹿児島県最南端に位置する離島です。

住所は鹿児島県ですが、沖縄本島にほど近いことから、鹿児島空港から飛行機で行くルート以外にも、那覇空港まで飛行機で向かい、那覇港からフェリーで向かうルートも選択できます。

サンゴ礁の隆起によってできた与論島には、百合ヶ浜や赤崎鍾乳洞といったさまざまな観光名所があるほか、一年を通して比較的温暖な気候であることから、多くの観光客が訪れます。

近年ではSNSで与論島の観光名所が数多く投稿されるようになり、さらに人気が高まるようになりました。

>>与論島への行き方や所要時間は?おすすめの観光スポットも紹介

与論島にビーチっていくつあるの?

与論島観光協会が運営しているWebサイト「ヨロン島観光ガイド」では、島内にある16のビーチが紹介されています。

与論島は1周約20kmと決して大きい島ではありませんが、その中でも16のビーチが密集していることからも、海の自然が豊かで観光に最適な南国の島であることが分かります。

与論島のおすすめビーチ10選


島内に数多くのビーチがある与論島ですが、初めて観光に訪れる方にとっては全てを回りきることは難しく、どのビーチに行けば良いのか分からないことも多いでしょう。

そこで、初めての方におすすめしたい与論島のおすすめビーチを10か所に絞って紹介します。

1.百合ヶ浜

百合ヶ浜とは、与論島の南東部にある大金久海岸から沖合に現れるビーチです。

百合ヶ浜が現れるのは、毎年3月頃から10月頃の干潮時に限られます。一般的なビーチのようにつねに足を運べる場所ではないため、シーズン中になると多くの観光客が訪れます。

真っ白な砂浜でとても綺麗なので、インスタスポットとしても有名なビーチです。

2.品覇海岸

さまざまな飲食店やスーパー、コンビニなどが立ち並ぶ茶花地区からほど近く、気軽に足を伸ばせるのが島内の西部に位置する品覇海岸です。

夕方になるときれいな夕焼けを見ることもできます。

3.皆田海岸

島内の北東部に位置する皆田海岸は、沖合に皆田離という小島があり、干潮時になると歩いて島に渡ることもできます。

4.兼母海岸

与論空港からほど近い場所にあり、トイレやシャワーなどの設備も充実しています。

そのため、飛行機の出発まで時間があるときもギリギリまで与論島の海を満喫できるでしょう。

5.寺崎海岸

寺崎海岸は島内北部に位置しています。

すぐ隣には「トゥマイ」というビーチがあり、付近一帯は「龍の住む浜」ともよばれ神聖な雰囲気があります。

シャワーやトイレなどの施設はありませんが、パワースポットとしても知られていることからぜひ一度訪れたい場所です。

6.黒花海岸

皆田海岸と寺崎海岸の中間に位置しているのが黒花海岸です。

島の北東部にある静かなビーチで、それほど人も多くないためゆっくり過ごしたいときにおすすめです。

7.鳩の湖

皆田海岸から南に数百メートル南下すると、鳩の湖という石碑が建っている場所があります。

石碑のすぐそばには数十センチ程度の岩のくぼみがあり、水が干上がることがない不思議な場所です。

ここは少し小高い岩場になっており、上から海を見下ろしたときには絶景が広がります。

8.パラダイスビーチ

与論空港のすぐ目の前にあるビーチで、木製のブランコが設置されています。

島の西側に面していることから、日没が近くなってくると夕焼けを見るために多くの人が訪れます。

9.ウドノスビーチ

島の西部に位置し、茶花地区からもほど近い場所にあるのがウドノスビーチです。

トイレやシャワー、駐車場も整備されており、波も穏やかなためマリンスポーツを楽しむには最適なビーチといえるでしょう。

10.メーラビビーチ

品覇海岸から北に数百メートル北上すると、メーラビビーチにたどり着きます。

付近に駐車場は整備されておらず、歩いて向かう必要があるのですが、舗装された道ではないためビーチサンダルや肌の露出が多い服装で行くと怪我をするおそれもあるため注意しましょう。

与論島のなかでも秘境にあるビーチで、海の透明度は抜群です。

AMADAなら最高級の癒しを提供

充実した観光旅行を楽しむためには、上質な癒しを提供してくれるホテルが欠かせません。

品覇海岸や茶花にほど近い場所にあるAMADAは、広々とした高級感のある客室が魅力で、ワインセラーやプライベート用のプールなども完備。

さらにはバーベキューコンロを有料で貸し出しているため、手ぶらでバーベキューを楽しむこともできます。

家族や友人、恋人同士での旅行はもちろん、職場の旅行などにも多く利用されています。

まとめ

もし、与論島への観光を考えているのであれば、しっかりとスケージュールを組んで、無理のない日程を組みましょう。

なかなか気軽に行くことのできない場所ですから、せっかく観光するのであれば、与論島の雨や台風の少ないベストシーズンへ行くことをおすすめします。

>>与論島の一年間の天気や天候について|観光におすすめのシーズンは?

与論島の一年間の天気や天候について|観光におすすめのシーズンは?



与論島は鹿児島県大島郡にある離島で、沖縄本島からほど近い北東に位置しています。

年間平均気温は22.5℃と比較的温暖な気候が特徴で、近年では多くの観光客が訪れる一大観光スポットにもなっています。

本記事では、観光旅行のスケジュールを検討する際に注意しておきたい与論島の天気の特徴について解説します。

与論島の天候について



与論島は南国といえども季節による気温・気候の変化はあり、旅行の計画をたてる際には天候の大まかな傾向について把握しておく必要があります。

まず、3月から4月にかけての春先は平均気温が19.2℃ですが、気温の変化が激しい傾向が見られます。

春先の降水量は比較的少ないですが、気温が20℃に満たない日も多いことから、半袖で過ごすにはまだ肌寒い時期です。

5月になると与論島には強い日差しが照りつけるようになり、梅雨にも入ることから降水量が一気に増えます。

平均気温は20℃を超え、半袖でも過ごせるようになるでしょう。

その後、10月頃まで夏の気候は続き、30℃を超える真夏日も珍しくありません。

11月から2月は与論島も冬の季節に突入しますが、11月でも日によっては気温が下がらず、半袖で過ごせる場合もあります。

ただし、この時期になると寒暖の差が激しくなり、体調を崩しやすくなるため注意が必要です。

特に1月や2月の厳冬期は、与論島といえども10℃以下まで気温が低下することがあります。

与論島の天気は変わりやすい?

与論島の気候について、季節ごとの傾向以外にも押さえておくべき点があります。

それは、年間を通して天候が変わりやすいということです。

与論島は鹿児島県の一部ではありますが、沖縄本島にほど近いことから沖縄県の天気予報を参考にしたほうが良いともいえます。

ただし、天気予報の内容にかかわらず、突然の雨や強い日差しが差すことがあることも事実。

そのため、テレビやラジオなどの天気予報よりも、自分自身で天気アプリをスマートフォンへインストールしておき、現地の天候をこまめに確認するのが一番良いでしょう。

>>与論島のおすすめ絶景ビーチ10選

 

与論島の観光に最適なシーズンは?


では、実際に与論島への観光を計画する場合、どのシーズンがベストなのでしょうか。

結論からいえば、4月と10月がもっともおすすめの時期といえます。

まず、4月は1年間のなかで圧倒的に降水量が少なく、好天に恵まれる可能性が高い時期です。気温も徐々に上がってきて、平均で20℃を超える日も多くなるため過ごしやすいシーズンといえるでしょう。

また、10月は降水量は多いものの、暑さも落ち着いてきて過ごしやすい日が多くなります。

夏休みの時期や台風のシーズンとも被らないため、島内の浜辺を自由に散策できるでしょう。

与論島の人気観光スポット


与論島には数多くの美しい砂浜があり、大勢の観光客が訪れます。

その中でも、特に人気の観光スポットを6か所紹介しましょう。

百合ヶ浜

百合ヶ浜は与論島の東部にある大金久海岸の沖合に浮かぶ砂浜で、与論島のなかでも随一の観光スポットです。

百合ヶ浜が現れるのは春から秋の大潮にあたる干潮時に限られ、それ以外は目にすることができないレアなスポットです。

品覇海岸

品覇海岸は与論島の北西部に位置し、AMADAからもほど近い場所にあります。

きれいな夕焼けを楽しむことができ、人も比較的少ないため癒やされたい方にとってはおすすめの場所です。

皆田海岸

皆田海岸は百合ヶ浜の北部に位置し、トイレやシャワーなど設備も充実しています。

干潮時には「皆田離」という島まで歩いて渡ることも可能です。

茶花

与論島の西部に位置する茶花は、さまざまな飲食店やカフェなどが立ち並ぶ市街地です。

西側には茶花海岸もあり、地元住民も多く訪れる場所です。

ウドノスビーチ

茶花にもほど近い場所にあるウドノスビーチは、地元住民にも愛されている遊泳可能なビーチです。

比較的波も穏やかで泳ぎやすく、マリンスポーツを楽しみたい方にはおすすめの場所といえるでしょう。

赤崎鍾乳洞

与論島の南東部に位置する赤崎鍾乳洞は、サンゴが長い歳月をかけて侵食された結果つくりあげられました。

入場料は大人(中学生以上)500円、小学生以下が200円です。

>>与論島でおすすめのダイビングスポットってどこ?最適なシーズンやライセンスについても!

AMADAなら最高級の癒しを提供

充実した観光旅行を楽しむためには、上質な癒しを提供してくれるホテルが欠かせません。

品覇海岸や茶花にほど近い場所にあるAMADAは、広々とした高級感のある客室が魅力で、ワインセラーやプライベート用のプールなども完備。

さらにはバーベキューコンロを有料にてお貸し出しているため、手ぶらでバーベキューを楽しむこともできます。

家族や友人、恋人同士での旅行はもちろん、職場の旅行などにも多く利用されています。

まとめ

与論島は近年SNSで話題になることも多くなり、観光スポットとして人気が高まっています。

しかし、夏になると台風が多く通過し、年間を通して天候が変わりやすいことから、旅行の日程は慎重に検討してみましょう。

>>与論島への行き方や所要時間は?おすすめの観光スポットも紹介

与論島でおすすめのダイビングスポットってどこ?最適なシーズンやライセンスについても!

与論島 ダイビングスポット

与論島といえば、透明度の高いきれいな海と真っ白な砂浜が魅力の観光スポットですが、より観光を楽しむアクティビティとしてダイビングも人気があります。

しかし、四方を海に囲まれている与論島において、どのスポットがダイビングに適しているのかは分かりづらいものです。


そこで今回の記事では、与論島でダイビングを考えている方に向けて、おすすめのダイビングスポットやシーズン、ダイビングに関するライセンスについても詳しく紹介します。

与論島でのダイビングのシーズンはいつ?

与論島 ダイビングのシーズン


与論島は温暖な気候のため、1年を通してダイビングを楽しむことができます。ただし、1月から4月頃の水温は20〜22℃と低めのため、厚め(5mm)のダイビングスーツとフードベストの着用は必須といえるでしょう。


一方、水温がもっとも高い7月から9月頃の時期は、その日の気候にもよりますが薄手(3mm)のダイビングスーツでも対応可能です。

ダイビングのライセンスとは?


ダイビングは一般的な水泳とは異なり、酸素ボンベを背負って水中に長時間潜る必要があります。そのため、正しく安全にダイビングを楽しむためにライセンス制が導入されています。

初心者の場合は体験ダイビング

気軽にダイビングを楽しみたいだけなのに、ライセンスが必要と聞くと初心者の方は抵抗を感じるかもしれません。しかし、そのような方には「体験ダイビング」がおすすめです。


体験ダイビングとは、インストラクターの指導のもとで最低限のレッスンを受講したうえでダイビングを楽しむというもの。特別なライセンスを取得していなくても、観光のアクティビティとして気軽にダイビングを楽しめます。

しかし、体験ダイビングはその都度インストラクターからの指導を受けてからでないとダイビングを楽しめないため、頻繁にダイビングを楽しみたい方には認定ライセンスの取得がおすすめです。

与論島のおすすめのダイビングスポット

与論島 ダイビングスポット

では、実際に与論島でダイビングを楽しむためには、どの場所に行けば良いのでしょうか。今回は代表的なダイビングスポットを5か所紹介します。

海中宮殿

海中宮殿は品覇海岸の沖合にあるダイビングスポットで、その名の通り水深18mに本殿と柱が設置されています。2003年に作られた人工の宮殿ですが、水中にあることからその姿は神秘的で、数多くの観光客が訪れています。

沈船あまみ

「沈船あまみ」とは、かつて海上保安庁の巡視艇として活躍していた船のことであり、退役にともなって1993年に沈めたものです。水深は45mと深い場所に眠っており、ダイビング初心者にとっては船に近づくことは難しいですが、水深20m付近でも船の全体は確認できます。

長崎の塔

長崎の塔は、与論島南西部の供利漁港から船で5分の沖合にあるダイビングスポットです。さまざまな魚の群れが見られるポイントとしても知られ、運がよければ大型の魚の群れに遭遇できるかもしれません。

クマノミパラダイス

こちらも供利漁港から船で2分の沖合にあるダイビングスポットです。その名の通り、熱帯地域に生息する魚類「クマノミ」が多く生息しているエリアで、普段は見られない幻想的な光景を楽しむことができます。

のどちんこホール

のどちんこホールは、与論島南部に位置し、供利漁港から船で10分の沖合にあるダイビングスポットです。その名の通り「のどちんこ」のような形をした岩が見られ、アーチ状の岩をくぐって下から見上げるとハートの形に見えることから、カップルにも人気のダイビングスポットとなっています。

AMADAは品覇海岸の沈船あまみがすぐ近く


与論島にある高級リゾートホテル「AMADA」は、島の北西部にある品覇海岸から徒歩2分という好立地にあり、「沈船あまみ」が眠っている場所のすぐ近くでもあります。


そのため、与論島各所の観光だけでなくダイビングを楽しむうえでも最適な宿泊施設であり、多くの観光客が訪れています。

また、与論空港や飲食店が立ち並ぶ茶花エリアとも近く、アクセス良好です。

まとめ


今回紹介してきたように、与論島には数多くのダイビングスポットが点在しており、いずれも港から数分〜10分程度でアクセスできるため手軽に楽しめる魅力があります。

また、ダイビングと聞くと初めての方にとっては不安を覚えることも多いですが、体験ダイビングであれば特別な資格や免許も不要ですぐに楽しめます。

これから与論島への観光を計画している方は、ぜひ今回紹介した内容も参考にしていただきながら、ダイビングスポットを巡ってみるのもおすすめです。

関連記事
与論島への行き方や所要時間は?おすすめの観光スポットも紹介

与論島への行き方や所要時間は?おすすめの観光スポットも紹介



鹿児島県の南端に位置する与論島は、極めて透明度の高いエメラルドグリーンの海と、真っ白な砂浜が魅力の島です。サンゴ礁が隆起してできたこの島は、SNSなどでも話題に上るようになったことで近年注目度が上がっています。


そこで今回は、これから与論島に行こうと考えている方に向けて、行き方やおすすめの観光スポットを詳しく紹介します。

与論島への行き方は鹿児島または沖縄から



与論島は沖縄本島と沖永良部島の中間に位置する島です。そのため、与論島への行き方としては鹿児島から向かうルートと、沖縄本島から向かう2つのルートがあります。

鹿児島から行く場合

鹿児島から向かう場合、交通手段としては飛行機またはフェリーから選択できます。

飛行機の場合は鹿児島空港または奄美空港から与論空港への便へ乗り、鹿児島空港からの所要時間は約75分、奄美空港からの所要時間は約45分となっています。

また、フェリーの場合は鹿児島新港から与論港まで約20時間を要します。

沖縄から行く場合

沖縄から向かう場合の交通手段も、鹿児島と同様に飛行機かフェリーのいずれかとなります。

飛行機の場合、那覇空港から与論空港まで約40分、フェリーの場合は那覇港からの出港で4時間から4時間50分程度、本部港から出港で2時間30分程度の所要時間です。

与論島内の交通手段は?

与論島に到着した後の交通手段としては、バスやタクシー、レンタカー、代行運転などがあり、それぞれの料金体系は以下の通りです。

 

  • バス:一律200円 または 二日間乗り放題チケット(大人500円 子ども300円)
  • タクシー:初乗り500円 貸し切り1時間あたり3,360円
  • レンタカー:軽自動車3,000円〜 ※レンタルバイク(2,000円〜)、レンタサイクル(700円〜)もあり
  • 代行運転:1台1,500円

与論島の人気観光スポット



限られた時間内で与論島の魅力を満喫したい方にとっては、効率よく観光スポットを回るためにも人気の場所は押さえておきたいものです。今回は、与論島のなかでもぜひ一度は足を運んでいただきたい観光スポットを8か所紹介しましょう。

百合ヶ浜

百合ヶ浜とは、大金久海岸から1.5kmほど離れた沖合に現れることがある砂浜です。主に3月から9月頃の干潮時だけに見られ、運がよければ透明度の高い海と真っ白な砂浜のコントラストを楽しむことができます。

品覇海岸

品覇海岸は、与論島の北西部に位置する海岸です。特におすすめなのが、夕方から日没にかけての時間帯。人も少なくゆっくりと散歩できるほか、沈む夕日を見ながら砂浜でのんびりしてみるのも良いでしょう。

皆田海岸

シュノーケリングなどのマリンスポーツが楽しめるスポットとして、さらにはウミガメに出会える確率も高いスポットとしても知られる皆田海岸。駐車場やトイレ、シャワーなども完備されており、初めて与論島を訪れる方にぜひおすすめの観光スポットです。

茶花

茶花は、多くの宿泊施設や飲食店、お土産物店が並ぶ与論島の中心地です。付近には茶花海岸があり、多くの地元住民も訪れるためさまざまな交流ができるでしょう。

ウドノスビーチ

茶花から北の方角に向かうと、ウドノスビーチとよばれる海岸が現れます。駐車場も完備されているため、レンタカーで観光する方にとっても便利です。

赤崎鍾乳洞

赤崎鍾乳洞は与論島の南東に位置しています。サンゴ礁が長い歳月をかけて削られてできた鍾乳洞は全国的に見ても非常に珍しく、与論島ならではの幻想的な光景です。空港からも近い位置にあるため、まずは赤崎鍾乳洞から与論島観光をスタートしてみるのもおすすめです。

大金久海岸

大金久海岸は与論島最大のビーチであり、その長さは約2kmにもおよびます。付近には駐車場やトイレ、シャワーはもちろん、マリンスポーツ用品のショップやお土産物店、キャンプ場なども点在。与論島観光では欠かせないスポットといえるでしょう。

パラダイスビーチ(愛の鐘)

与論空港を出てすぐの場所にあるのがパラダイスビーチです。絶景が広がる砂浜にブランコが設置されており、インスタ映えスポットとしても人気の高い場所。また、パラダイスビーチのすぐ横には「愛の鐘」とよばれる場所もあり、少し小高い丘にウエディングベルが設置され多くのカップルが訪れます。

与論島には何泊泊まるのがおすすめ?


与論島には数多くのビーチや鍾乳洞、神社、城跡などもあり、1日では回りきれないこともあるでしょう。特に、マリンスポーツを一度楽しむとやみつきになり、1日に何回も体験する方も少なくありません。


また、旅程が短いと天候次第では与論島の魅力を存分に楽しめないことも多いため、できれば2泊以上のゆとりをもったスケジュールがおすすめです。

高級リゾートホテル「AMADA」への宿泊がおすすめ

与論島への観光をお考えの方は、AMADAへの宿泊がおすすめです。

AMADAは品覇海岸の目の前にある高級リゾートホテルで、客室には完全プライベートで使用できるプールも用意。バーベキューコンロの貸し出しも行っているため、家族や友人同士で食材を調達してきて楽しむこともできます。

そのほかにも、ソムリエが厳選したワインが用意されていたり、サウナを楽しむことができたりと、至れり尽くせりのサービスを提供しています。

まとめ

温暖な気候と美しい海が魅力の与論島は、多くの観光客が訪れ近年人気が高まっています。これから与論島観光を考えている方は、今回紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。


また、せっかく与論島まで足を運ぶのであれば、その魅力を存分に味わえるよう余裕をもったスケジュールを計画することも重要です。

>>与論島でおすすめのダイビングスポットってどこ?最適なシーズンやライセンスについても!

AMADAがオープンいたしました!

AMADAがオープンいたしました!

予約受付を開始して早々沢山のご予約、お問合せを頂きありがとうございます!
現在はAMADAホームページのみの受付となります。

↓↓↓ご予約はこちらから↓↓↓

https://d-reserve.jp/GSEA001F01300/GSEA001A01?hotelCode=0000000880

与論島にお越しの際には、ぜひAMADAをよろしくお願いします。